「ゲージ」をとるって?についてのまとめ

 

編み物をやってみると、どんな作品の本や編み図をみても出てくる「ゲージ」。

 

初心者さんの中には

「よくわからない」「めんどくさい」「早く完成させたいから、ゲージを編まなくてもいいや」なんて方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、今回は編み物教室でもご質問の多い

「ゲージ」について

まとめてみました。編み物の「本」のとおりに、作品を編む場合を例にお話しています。

●ゲージとは

●なぜゲージが必要なの?

●ゲージの編み方

●スチームアイロンをかける

●定規やメジャーをあてて、10㎝平方の中の目数と段数を数える

●ゲージをとってから作品を編むメリット

●ゲージとは

・10㎝×10㎝の正方形の中に、「横に何目」「縦に何段」入っているかを数え、サイズを確認することです。

・本には、必ず「ゲージ」が表記されています。

・ゲージを編んで、目数と段数を数えることを「ゲージ」をとるといいます。

・特別表記のない場合は、ゲージといえば10㎝×10㎝各の目数と段数のことをいいます。

 

 

●なぜゲージが必要なの?

ゲージは作品を希望のサイズに編むためのものです。

・編み物は「糸の種類」「編み針の号数」「手加減」の組み合わせで、編みあがりのサイズが変わってきます。

そのため、「この糸で」「この号数で」「自分の手加減で編むと」どんな大きさに編めるのかを、試してみる必要にがあるのです。

 

同じ編み図で同じ目数で編んでも

毛糸の太さ(種類)が違うと、出来上がりサイズが違います。

編み針の太さ(号数)によって、出来上がりサイズが違います。

人の手かげんによって、出来上がりサイズが違います。

 

 

「本の表示と自分のゲージが違う」時にはどうするの?

・ゲージが違うと「本と同じ出来上がりサイズ」に編むことができません。

・サイズが重要な作品を編む場合には必ず「ゲージ」を合わせることが重要です。

例えば「ポケットテッシュケース」を編む場合、「ポケットテッシュの本体サイズ」に合うように編まないと、大きすぎるとぶかぶかだし、小さすぎると入らない。ということになります。

「マフラー」「スヌード」「ショール」などサイズが重要でない作品を編む場合には、「ゲージ」を省略することもあります。

 

 

●ゲージの編み方

・実際に「ゲージを編む」のは、15㎝×15㎝の正方形です。

 

編み物の特性で、編み始めが作り目で不安定だったり、両サイドも編み目が整ってなかったりします。

そこで、安定した編み地(編地の真ん中あたり)で「目数と段数」を数えるために15㎝×15㎝の正方形を編む必要があります。

 

 

①作り目の目数を決め方

・編みたい作品の「ゲージ」の目数の1.5倍~2倍の作り目で編み始めます。

 

ここでは、ゲージ10㎝平方でメリヤス編み25目・32段とありますので

作り目の計算は

25目×1.5=37.5となるので

四捨五入して38目の作り目でゲージを編むと15㎝平方のゲージが編めるという目安になります。

 

・本と違う毛糸で編む場合は、毛糸のラベル表示の「ゲージ」を参考に作り目を計算します。

 

・「編みたい作品が模様編み」の場合は「ゲージも同じ模様編み」で編みます。

メリヤス編みの作品はメリヤス編みでゲージを編みます。

模様編みの作品は模様編みでゲージでゲージをあみます。

両方ある場合は、両方それぞれ編むこともあります。

 

 

・縁編みなどのゲージをとる場合は、作品の形に合わせてゲージの形を変えることもあります。

縁編みは横長で使うので、横長にゲージも編みます。

 

 

 

②編み終わったら・・・

・棒針編みの場合、伏せ止はせずに、編み目を休めておきます。

作品に合わせたり、やりやすいやり方選びましょう。

例1)編み終わりの糸を、20㎝ぐらいに切り、その糸をとし針にとおして、棒針にかかっている目に通す

例2)編み終わりの糸を、10㎝ぐらいに切りそのままにして、別の糸(30㎝くらい)を棒針にかかっている目に通して結ぶ

例3)棒針にかかったまま、(別の棒針に移して)作品が完成するまで置いておく

 

・かぎ針編みの場合は、編み終わりで、糸を10㎝くらい残して切って終わらせます。

 

●スチームアイロンをかける

・手編みの作品は、スチームアイロンをかけて仕上げます。

そこで、「ゲージ」にもスチームアイロンかけて仕上がりと同じ状態にします。

参考スチームアイロンのかけかた

 

●定規やメジャーをあてて、10㎝平方の中の目数と段数を数える

・目数を数えます。

横に定規をあて、10㎝で「何目」あるか数えます。(模様編みの場合は、模様の数を数えることもあります。)

 

 

 

・段数を数えます。

縦に定規をあて、10㎝で「何段」あるかを数えます。(模様の数を数えることもあります。)

 

 

「ゲージ」の目数と段数はサイズ調整に大切なデータとなりますので、忘れないように、分かりやすいところにメモしておきます。

※本や編み図のゲージが表記されている横に、自分のゲージを書いておくと分かりやすいです。

 

 

・かぎ針編みも同じです。

 

 

 

●ゲージとを合わせるとは?

本と同じゲージなら、そのまま編み図とおりに編んでも大丈夫です。

 

自分のゲージのほうが数字が多い場合の調整の仕方

本のゲージが「25目・32段」なのに対し

自分のゲージが「28目・35段」(数字が大きい)の時には、

1目(編み目)が本よりも「小さく」編めているということです。

そこで

1目を少し大きくするために「針の号数を1~2号」太くして、もう1度編んでみましょう。

※「編みなおしたゲージ」が本と同じくらいなら、編みなおした号数で編むと、編み図どおりで本の通りのサイズになることになります。

 

自分のゲージのほうが数が少ない場合の調整の仕方

本のゲージが「25目・32段」なのに対し

自分のゲージが「23目・30段」(数字が小さい)の時には、

1目(編み目)が本よりも「大きく」編めています。

1目を少し小さくするために「針の号数を1~2号」細くして、もう1度編んでみましょう。

 

※「編みなおしたゲージ」が本と同じくらいなら、編みなおした号数で編むと、編み図どおりで本の通りのサイズになることになります。

 

 

●本と同じ毛糸で編んだらゲージの必要はない?

「本の指定糸で編むから、同じサイズに編めるだろう・・・」

「何度も違う号数でゲージを取り直すのは、めんどくさい」

「はやく作品を編み始めて完成させたい。」

そんな気持ちはよ~く分かります。

 

私にも苦い経験があります。

「帽子」を編んだ時のことです。ゲージをとらなくても大丈夫だろう・・・ということで、「ゲージの確認」をせずに、本のとおりにいきなり編んでしまったら、

帽子が大きくなりすぎてしまいました。

 

編んでいる途中は、なかなかサイズの確認をするために、途中で編地を広げたりしないものです。

完成してから、大きすぎることに気が付くのです・・・

 

編み物教室の生徒さんの参考例

どんぐり帽子が小さくなっちゃった・・

本と同じに編んだのに・・・

 

 

「本と同じ毛糸」で

「同じ号数の編み針」で、

「本と同じように」編んでも、

人によってサイズが変わってくるのが編み物の特徴です。

 

ひとりひとり違います。

 

 

編み物をはじめたばかりの方は、編み目が不揃いになることがあります。

ゲージよりも極端に大きくなったり、小さくなったりする場合には、ゲージと同じになるように、編み方を練習してみることも必要かもしれません。

 

・ゲージは、その作品が一番きれいに見えるようにしています。

 

・毛糸のラベルにあるゲージは「標準ゲージ」です。

きつすぎることも、ゆるすぎることもない、適度な柔らかさで、キレイに見える目安です。

 

その毛糸を「手を慣らす」という役割もあるので、作品を編み始める前には、一度「ゲージ」をとると

キレイな作品を編むことができるます。毛糸の特徴をつかむこともできます。

 

●ゲージをとって作品を編むメリット

・ゲージをとると、本と同じサイズに仕上げることができます。

編んでみて、「帽子が大きすぎてぶかぶか・・・小さすぎては入らない」という事態を未然に防ぐことができます。

 

・ゲージが合っていると、作品の良さ(柔らかさ・編み目の模様)などを生かすことができます。

手がきついと、固くなったり・・・手が緩すぎると・・・キレイな模様が出なかったりもします。

 

・編んでいる途中で、手加減の確認ができます。

いつでも「ゲージと同じ手加減」で編めているかを、確認できるように、そばに「ゲージ」を置いておきます。

 

手編みの特徴として、手加減が作品の仕上がりに大きく左右することがあります。

 

作品を編んでいると、

編みはじめは、「緊張して手がきつかったけど」

慣れてくると「だんだん気が緩んで、手加減も緩んできてしまう」。

 

逆に、

はじめは、慣れない編み方で「ゆっくり編んでいて、緩かった手加減が」

「慣れてくるとだんだんきつくなる」ということが、編み物ではよ~くあります。

 

手編みの場合

手加減は、季節・天気・湿度・編む場所・タイムリミット(製作期間)・体調・気分

によって、「大きく左右」されます。

 

そこで、

編み始めと同じ手加減で、編めているかどうかを、時々編んだ「ゲージ」に合わせてみながら、確認することも作品をきれいに仕上げるための、大事な作業なのです。

※編んだ「ゲージ」は作品の完成までほどきません。

 

 

以上、ゲージについて私なりに、まとめてみました。

 

編み物をはじめたばかりの方は、

ゲージをあまり気にしなくても大丈夫そうな作品から、編み物を楽しまれてみることをオススメします。

(例えば、マフラー・スヌード・バックなど)

本や編み図を参考に編む場合には、

できれば「本と同じ毛糸」、もしくは似たような太さの毛糸を選んで編んでみると、極端にゲージが違うことを防げると思もいます。

 

編んでみたい作品や、編み物の経験に合わせて、編み物を楽しんでみてください。

 

 

【生徒さん募集中】ぶきっちょ&初心者さんのための編み物教室ジャーニー

編み物教室ジャーニーは、福岡市今泉(福岡市天神&薬院駅より徒歩5分!)の「アトリエ」と福岡市白金(薬院駅より徒歩5分)の「カフェ」大分市田原(富士見ヶ丘団地入り口)の「いとしや」さん2階スペースをお借りして、編み物教室を開催しています。

入会金0円!1回ごとの料金制ですので、毎週、隔週、月に1回など、自由なペースで通っていただけます。初回は、通常の半額ので体験いただけます。お気軽にお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です