2018.10.12開催 「ダーニングでくるみボタン」博多阪急ユトリエスペースにてイベントの様子

 

 

10月10日(ニットの日)にちなんで、3日間博多阪急8Fユトリエスペースにて,f-pallet(エフパレット)のメンバーとしてニットウィ-あみあみワークショップが開催されましたクローバー

私は12(金)の1日だけダーニングという技法を使っったワークショップを担当させていただきました。

 

 

博多阪急8F ユトリエスペースは明るく広々とした会場でした

 

イベントでは、自分一人では繋がれない方との出会いがあります。それが私の楽しみの一つでもあり、やりがいの一つでもあります。

お久しぶりの方、前々からお会いしたいと思っていた方、ダーニングに興味をお持ちだった方など、普段の編み物教室とは一味違った出会いがありました。ありがとうございました。

 

 

ワークショップで使用した道具と使い方・ワークショップの様子

今回は、クロバー(株)さんの「ダーニングマッシュルーム」という道具を使って「ダーニング専用の糸」を使用てくるみボタンを作りました。

くるみボタンも専用の道具も使っています。

 

 

 

ワークショップでは、全体の流れが伝わるように、サンプルを用意しています。

ダーニングしたい所に枠を書き、チクチクと針を使って、縦糸をはります。矢印

ベースの色を変えると、雰囲気が随分がいますね音譜

ダーニングは、「織」の要領で、縦糸に横糸をくぐらせていきます。

 

おしゃべりしながら、チクチク、織り織りしました。

くるみボタンの仕上げ方も、ゆっくりとお伝えしましたので、みなさん綺麗に出来上がりましたラブラブ

 

 

ダーニングで靴下の穴をおしゃれに修繕できます

ダーニングという技法を使うと、ニット素材の靴下の穴をふさいだり、セーターの穴を修正したり刺繍のように、ワンポイントとして使用したりもできます。

学生靴下や、お父さんの靴下はよく穴が空くそうで・・・・穴の空く場所を質問してみたところ「親指・かかと・指の付け根」などみなさん答えがばらばらでした。

 

動画で分かりやすく紹介されています、

 

ダーニングにご興味のある方は、編み物教室でも体験していただけます(道具貸出できます、持ち帰り不可)

遠慮なくお声かけくださいねニコニコ

 

【生徒さん募集中】ぶきっちょ&初心者さんのための編み物教室ジャーニー

編み物教室ジャーニーは、福岡市今泉(福岡市天神&薬院駅より徒歩5分!)の「アトリエ」と福岡市白金(薬院駅より徒歩5分)の「カフェ」大分市田原(富士見ヶ丘団地入り口)の「いとしや」さん2階スペースをお借りして、編み物教室を開催しています。

入会金0円!1回ごとの料金制ですので、毎週、隔週、月に1回など、自由なペースで通っていただけます。初回は、通常の半額ので体験いただけます。お気軽にお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です