雑誌の取材を受けました!編み物をやっててよかった~

2017年 も残り数日となりましたね。

毎日、編み物を向きあう日々を送る一年を過ごせたことに感謝です。

 

今年一年を振り返って、ビックリするとともに嬉しかったことを発表したいと思います。

 

それは、

 

編み物教室ジャーニーが雑誌の取材を受けたことです!

クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌【CCJAPAN】

 

私が編み物の楽しさんを、たくさんの方に広げたな~と思ったきっかけの1つに、病気があります。

 

 

私は、現在44歳ですが、23歳の時から体調がすぐれず、24歳で「難病であるクローン病」だと診断をうけました。

 

クローン病についてはこちらから

 

クローン病になってからの約20年間は、入退院を2年~3年ごとに繰り返しています。

一回の入院は約2か月間と、比較的長期なほうです。

 

しかも、クローン病は治療法がなく、対処法としての基本は「腸の安静」なので、

「入院中の2か月は完全絶食です」

 

検査がある時間以外は、特にすることがありません。

 

食べないので栄養として、鎖骨から高カロリー輸液の点滴が24時間入っています。

病院から出ることができません。

 

 

入院中は、

本を読んだり。テレビをみたり、するぐらいしかすることがなく、時間がなかなか過ぎません。

 

体がきつくて、起き上がれない入院初期は、ほぼ寝たきりなので、特になにも感じません。

家にいたら、家事や仕事があるし、多少きつくても寝ているわけにはいかない!とがんばてしまうタイプだし、

きつくて寝ていても、「何もできなくてごめんね~」と罪悪感をもってしまいます。

 

だけど

 

入院したら、あきらめて、「思う存分寝ています」ところがそれも、一週間もすれば飽きてしまいますので、

私は家から編み物の道具を持ってきてもらって、入院中の自分のベットの上や、デイルールという、病棟のスペースで編み物をして過ごします。

 

編み物をしていると、

 

●嫌なこと、不安なこと、心配なことを忘れる瞬間があります」

無心になれるのです。

 

編み物をしていると

●時間があっという間に経ってしまいます

むしろ時間が欲しいと思うほどです。

 

そんな私の経験から

編み物は一人でも楽しめるし、家でも病室でも、外出先でも、

 

いつでも・どこでも・

自分の座るスペースさえあれば楽しめます。

 

材料も道具も軽くてコンパクトなので

バックに入れて移動も簡単です。

 

そんな編み物の魅力をお伝えしたく、

編み方が分からない方には、教えてあげられるように

資格をとって、教室を開きました。

 

 

そんな日々を、ブログやこのHPで公開しているたら

 

クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌【CCJAPAN】

 

さんが私を見つけてくれました。

今年の11月に取材を

教室を開催しているアトリエで受けています。

 

写真:福岡市/今泉アトリエ・少人数教室にて

 

 

取材であは・・・・

 

病気のこと、

私の今までの経験

編み物のこと

家族のこと

 

たくさんお話しました。

 

来年2月26日に発行される回に掲載されるそうです。

 

お気に入りの、編み物を紹介しました~

 

病気も含めて、私なので

病気をもっていても、考え方をもって行動をするとなんとかなるよ~

大変な時は、周りの人に助けてもらおうね~

 

病気は治らなくても、

対処の仕方、痛みの和らぐ方法、日常生活での工夫

などをすれば

 

それほど悲観的になることは、ないのかも・・・と

 

私の経験を、隠さず、オープンに生きていましたら

人生がこんな楽しい展開になってきました。

 

 

編み物やっててよかった~と思えた出来事でした・・・

 

来年も楽しく編み物続けますのでよろしくお願いします。

【生徒さん募集中】ぶきっちょ&初心者さんのための編み物教室ジャーニー

編み物教室ジャーニーは、福岡市今泉(福岡市天神&薬院駅より徒歩5分!)の「アトリエ」と福岡市白金(薬院駅より徒歩5分)の「カフェ」大分市田原(富士見ヶ丘団地入り口)の「いとしや」さん2階スペースをお借りして、編み物教室を開催しています。

入会金0円!1回ごとの料金制ですので、毎週、隔週、月に1回など、自由なペースで通っていただけます。初回は、通常の半額ので体験いただけます。お気軽にお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です